tukiyono-sanpomichi
観測停止中(復旧活動中) 電磁波観測データ 観測地点:館林、受信モード:振幅変調(AM)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
2006年05月04日 電磁波観測データ


天候:晴れ!

ちょっと変かも。
要注意:05日、06日、07日
場所:近場?かも

(今日の発生状況)
4日10時17分頃 能登半島沖 M4.0 震度2 
4日08時04分頃 種子島近海 M3.8 震度1 
4日07時22分頃 大阪府南部 M3.2 震度1 
4日06時32分頃 根室半島南東沖 M3.5 震度1 
4日03時58分頃 伊豆大島近海 M2.3 震度1
4日00時45分頃 北関東?発表なし???
4日00時26分頃 南太平洋(トンガ近辺) M7.8

【2006/05/05 02:42】 未分類 | COMMENT(3) |
この記事に対するコメント
確かに変かも
行徳さんをパッと見では変化無いように見えるんですが、鹿島沖垂直偏波データが夜間に乱れている上、早大早川先生の見通し外FM波データが珍しく乱れています。
植物さんでは今日12:30位に電位低下が見られます(相模原)。tree3の落ち方から見てメンテナンスによるものでは無いと思われます。
ここは空気中のイオンが電波の受信強度に影響を与えるらしいのですが、これほど乱れているのも珍しいかな。厚木でのイオン濃度にはあまり変化が無いため、イオン異状があるとすれば仙台、茨城方向(早川先生のアンテナが仙台を向いているため)、あるいは180度反対の伊豆方面が怪しいですね。
齋藤さんのデータも微妙な揺れが見れます。したがって、齋藤さんの予測通りの日程頃にM5-6位の地震が近場で起こる可能性を否定できないと思います。

そういうわけで齋藤さんに同意いたします(^_^)v
【2006/05/05 13:22】 URL | 坂本龍馬 #/3Yh8su6 [ 編集]

こんばんわ!
実は、揺れは今回はあんまり気にしてなくて、20Hz~100KHzの盛り上がり(接地側の電位の変化)と、
34.495MHzと249.5MHzのレベルが下がりすぎてるのが、胡散臭いかな~。って思ってます。
目安として、下がった状態で、
49.5MHzは180mV
34.495MHzは80mV
249.5MHzは40mV
になるようにしているんですが、それより下がってきてるんで、
受信しているノイズのAF出力の周波数帯域が変化してきてる?
【2006/05/06 01:30】 URL | 群馬の齊藤。 #MiwbGhp. [ 編集]

なるほど
そういう理由だったのですね。
こちらの根拠であった植物さんは落雷を受けていたための異状だったようです。
震度予想は撤回します。それでも齋藤さんのデータが微妙に揺れているのがちょいと気になりますね。

さーてと、8時くらいに家を出ます。救命救急方勉強してきます。1日コースで8時間。がんばります!(^^)!
【2006/05/06 07:27】 URL | 坂本龍馬 #/3Yh8su6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



PROFILE
群馬の齊藤
  • Author:群馬の齊藤
  • 謝辞
    地震発生状況、深度、発生回数等の震源情報に関して、気象庁様ならびに防災科学技術研究所様のデータを利用させて頂いております。
    (注意)
    本ブログはリンクフリーです。
    公開データは根拠がありませんので、自己責任で御使用下さい。m(_ _)m

    (電磁波観測機器)
    Lorelei system (Rev 0.02)
    20Hz~100KHz:電磁波測定器+PC20
    34.495MHz:IC-R75+PC20+ディスコーン(D1300AM)
    49.5MHz:IC-R75+PC20+垂直アンテナ・ノンラジアル(VX1000)
    294.95MHz:IC-PCR1000+PC20+ディスコーン(D130)
    PC:アプティバ改

    (電磁波観測の考え方:暫定案)
    レベル1)台形や山形のノイズが観測される。月や太陽の引力で地球が変形し境界面の破壊が始まる。最初は、大きな接触面積をもった体積の有る物と想像しますので、広範囲の周波数で連続したノイズで観測されている。日々繰り返され、破壊が進行する。
    レベル2)周波数の分布が高い周波数に移行してくる。破壊が進むと接合部の物質の面積や体積が小さくなってきますので、ノイズの周波数部分布が高い周波数に移行してくる。
    レベル3)ノイズレベルが下がり静穏化する。仮説として2点考えています。
    ①有る一定のレベルとして、観測できる連続したパルスノイズから、発生間隔の広いパルスへ移行し、観測できていない。つまり、ノイズをパルスとして観測できる状態になってる。
    ②観測している周波数帯より高い周波数帯域にノイズが移行し、観測できていない。
    ③本当にノイズがいない?
  • RSS1.0
  • RECENT ENTRIES
  • 今年もあっという間に!(03/05)
  • 本年もよろしくお願いいたします。(01/05)
  • すみません。(10/28)
  • その後・・・(09/07)
  • RECENT COMMENTS
  • 群馬の齊藤。 (11/05)
  • オオカミ猫 (11/02)
  • 群馬の齊藤。 (09/17)
  • オオカミ猫 (09/16)
  • 群馬の齊藤。 (09/15)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ネタ蔵:地震のネタ(12/11)
  • 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース:本当に有効性があるのだろうか?~緊急地震速報、気象庁が本格運用へ~(11/06)
  • ネットカルチャー概論:ネットから地震情報を得るには(07/24)
  • ARCHIVES
  • 2010年03月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (3)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年02月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (2)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年11月 (5)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (3)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (32)
  • 2006年06月 (31)
  • 2006年05月 (29)
  • 2006年04月 (30)
  • 2006年03月 (41)
  • 2006年02月 (51)
  • 2006年01月 (50)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (35)
  • 2005年09月 (31)
  • 2005年08月 (37)
  • 2005年07月 (42)
  • 2005年06月 (3)
  • CATEGORY
  • 未分類 (536)
  • LINKS
  • 地震110番
  • ロシアの人工衛星による観測
  • Hi-net 高感度地震観測網
  • 気象庁の地震情報
  • 雨・雷情報(東京電力)
  • 電離層嵐・Eスポ・突発性電離層擾乱
  • 宇宙天気ニュース
  • 防災情報提供センター
  • 三重県科学技術振興センター(海水温度)
  • 高知大学 気象情報(衛星写真)
  • 起震断層を検索
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。